ROCKERS channel

ROCKERS ISLANDがプロデュースする、ダンスホール・レゲエ専門のウェブ・マガジン。ジャマイカ人アーティスト、日本人アーティストのインタビュー、PV、 LIVE等の映像や、ヒット曲のリリック、最新チャート、ジャマイカ情報、イベントスケジュール等、レゲエなコンテンツが満載!全情報無料!!

LINK UP COLUMN

NANJAMAN

毎回バトンタッチで、その人の"思い入れ3曲(3枚)"を紹介して行くコーナー。
前回のチンピラーからバトンを受け取ったのは、男気溢れるベテランDeeJayのNANJAMAN!
さて、その思い入れ3曲(3枚)とは...
017_nanja_man.jpg

1.[Black Uhuru Anthem] /Black Uhuru(ISLAND)
1105_nanjaman_01.jpg
最初にレゲエを聞き出した20数年前、その頃よく聞いていたバンドBlack Uhuruの数ある名曲の中で、一番好きやった曲。今でもたまに思い出したように聴いてる。
この曲の入っているアルバム「Anthem」は、グラミー賞を受賞した。レコードは長い間廃盤になっていたけど、広島の老舗レコードショップ『Charlie's』がジャマイカのSonic Soundsと直接交渉して再ブレスされている。

<試聴>




2.[Nice&Lovely] /Reggie Stepper(PIPPER)
1105_nanjaman_02.jpg
初めてジャマイカに行った88年、帰ってきて自分で歌いだした頃、毎日のように聴いていた1枚。Reggie Stepperは声がかっこいいDJで、いい曲もたくさんあるけどこの曲を一番聴いていた。裏のヴァージョンも良くて、昔現場に持って行ってよく使っていた。


<試聴>




3.[Come Original] / Papa D & Tender Touch(SAMPLE PROMOTIONS)
1105_nanjaman_03.jpg
あんまり他で名前を聞いたことがないDJとシンガーのコンビネーション。やけどむっちゃやばい1枚。
トラックは最初 "Duck" の変形みたいなオケで始まり、"Taxi"、"Cover Me"、"In The Mood" と、すごい勢いで次々と変わっていく。そこにシンガーのTender Touchが、当時流行っていた歌のカヴァーを歌いまくって、それにDJが絡む。どこが [Come Original] やねんと思うねんけど、DJも勢いがあってええ感じで曲は知らない間に終わっている。

<試聴>





■NANJAMAN Profile
110502_nanja_man.jpg
大阪府出身。大阪で生まれ育ち18歳の時に横浜に移る。現在は湘南、辻堂在住。'88年に始めてジャマイカに行き、本場のDJ Styleに影響を受け歌いはじめる。以来20数年間、常にシーンの最前線に立ち、独自の活動で“リアルな声"に飢えた不良や女の子達にBased on a true storyの名曲の数々を聴かせてきた。

NANJAMANの魅力は何と言ってもリリックの世界観。男気溢れる強い部分と器の大きさを感じさせる包容力、「クヨクヨしてもしょうがないやん。元気だして行こうや。」というどこか暖かい人間性に皆、共感出来るのだろう。だからこそ、NANJAMANの音楽は老若男女問わず自然 と言葉が入ってくる。これは彼が語る人生観や、嘘の無い生き様が感動を与えるからだろう。

爆音SYNDICATE


今回もお楽しみ頂けたでしょうか♪
毎回バトンタッチでリンコップして「思い入れ3曲」を紹介してゆくコーナ、次回もお楽しみに!

[次回予定] Link Up to CHUCKY SMART
2011.05.04:LINK UP COLUMN
[←前の記事]
[後ろの記事→]
[新着記事]

このサイトについて | メルマガ登録 | 広告掲載について | スタッフ採用情報 | お問い合わせ

ROCKERS ISLANDがプロデュースする、ダンスホール・レゲエ専門のウェブ・マガジン。
ジャマイカ、日本人アーティストのインタビュー、PV、 LIVE等の映像や、最新ニュース、
ヒット・チャート、リリック、イベント情報等、レゲエなコンテンツが満載!全情報無料!

copyright © 2010 www.rockers-channel.com. all rights riserved
  • JASRAC許諾番号:
    9012552002Y31015
  • JASRAC許諾番号:
    9012552003Y38026
  • JASRAC許諾番号:
    9012552001Y45038